インプラントImplant

インプラントとは、歯を失ってしまった部位にチタンと言う金属のネジを顎の骨に殖立し、歯の根の代わりにして失った部位の歯を増やす治療法です。

現在、インプラントの予知性は非常に高くなっており、歯がない所に対する治療法の1つとして、広く知られるようになりました。 またこれに伴い、患者さんからの要求も「噛めるようになる」という事だけにとどまらず、審美性にも及んでいます。

当クリニックで採用しておりますザイブインプラントシステムは、このような患者さんからの高い要求を満たすべく開発されたインプラントシステムです。
審美治療に適したオールセラミックアバットメント(インプラントの上の土台に金属を使用しない方法で、人工歯と歯茎の境が黒くならない事や、透明感のある自然な色調の人工歯を作ることが出来る等の利点がある)をはじめ、様々なタイプのパーツが準備されています。またインプラント表面には、インプラント体と骨が結合しやすくすることを目的に開発されたセルプラスを採用しています。

歯を失うと、その歯だけの問題ではなくなり周囲の歯にも必ず何だかの悪い影響が及びます。
前後の歯を削って(時には神経の治療も必要になります。)ブリッジにする。
または入れ歯の固定の為に金属の金具が掛けられたり・・・ どちらにせよ、無くなった歯の周囲の歯には必ず大きな負担が かかって来ます。
やや高価な治療法であることと、適応条件を満たしていることが前程ですが、新しい歯科治療として当クリニックでも力を入れております。

インプラントの利点

一般的に歯を失ってしまった場合、失った歯の両隣の歯を削ってかたどりをし、何本か歯のつながった状態のブリッジと呼ばれる装置を接着します。
失った歯の本数が多い場合は、取り外し式の義歯(入れ歯)で歯を増やします。
ブリッジの場合は歯を増やすために、その周囲の歯を削らなければなりません。
また、症例によっては神経を取ることもあり、周囲の歯に負担もかけ歯を増やすための治療とは言え損失は小さくありません。

義歯の場合は虫歯でもない歯を削ったり、神経を取ることなどは殆どありませんが、やはり周囲の残っている歯に金具を架けるため負担がかかることになります。
悪くすると残ったそれらの歯も動き始め、抜かないといけなくなるケースも考えられます。

一方インプラントの場合は、顎の骨に人工歯根を埋め込む手術が必要で、しかも健康保険が適応されない事から治療費が高額になります。
しかし、インプラントは周囲の歯を削ったりする必要が無く、失った部位に失った数の歯を純粋に増やすことが出来るのです。
インプラントは今まで何十年もの間変わらなかった補綴(抜けた所に歯を増やすこと)の方法を変えた最も新しい治療法です。
どのような治療も全てそうですが、インプラント治療も適応条件があり、骨の状態などをしっかり審査する必要があります。

TEL / FAX
093-541-1855
〒802-0007
北九州市小倉北区船場町4-27
船場クリスタ3F
(1F パッケージプラザカワノ)
にのみやデンタルクリニックへの地図
JR:
小倉駅より徒歩約10分
バス:
勝山通り沿い魚町より徒歩約3分
小文字通り沿い旦過橋クエスト前より徒歩約3分
モノレール:
平和通り駅より徒歩約5分
アクセスマップ
診療時間
診療時間
9:00--13:30
15:00--19:30 ×
メディア
対談写真
▲国際グラフに掲載されました。
野球評論家の角さんと対談をしています。
詳しい模様はこちら