知覚過敏症について

楔(くさび)状欠損

みなさんは、「知覚過敏症」という言葉を聞かれたことがありますか?虫歯があるわけでもないのに冷たい物が沁みて歯がズキズキする、といった症状がある場合には、この「知覚過敏症」の可能性があります。
多くの場合「知覚過敏症」は、歯と歯茎の境目から冷たい物や中には甘い物などが神経を刺激し、痛みを感じるのです。
ただし、「知覚」が「過敏」になっている「症状」です、という何とも曖昧な病名の通り、歯の表面が削れてないような場合でも、人によっては歯が沁みたりすることもあります。
またそれとは逆に、大きく削れて「楔(くさび)状欠損」という状態になっていることもあります。

ではなぜ、このようなことが起こるのでしょう?
知覚過敏の原因として考えられるのは、まずは歯磨きをする時のブラッシング圧が強すぎること。歯を必要以上にゴシゴシと強いブラッシング圧で磨いたり、硬すぎる歯ブラシを使うことによって歯がすこしづつ削れていってしまったのです。
またそれ以外の原因として、噛む力や噛み合わせ、歯ぎしりなどが相互に影響しあって起こると考えられています。

治療としては多くの場合、知覚過敏処置(沁み止めの薬を塗る)をしながら、正しいブラッシングの仕方、ブラッシング圧の指導をして様子をみていきます。
それでも改善が見られないような時は、削れた部分に歯と同じ色の樹脂を詰めて、神経に刺激が伝わらないようにします。
また同時に、噛み合せの具合をチェックしたり、歯の磨耗度合いによっては歯ぎしりの治療を行なうこともあります。

痛みを感じても、虫歯でなければそのまま我慢される方も多いようですが、快適な毎日を過ごすためにも気になることがあれば、ぜひ一度ご相談いただきたいと思います。

TEL / FAX
093-541-1855
〒802-0007
北九州市小倉北区船場町4-27
船場クリスタ3F
(1F パッケージプラザカワノ)
にのみやデンタルクリニックへの地図
JR:
小倉駅より徒歩約10分
バス:
勝山通り沿い魚町より徒歩約3分
小文字通り沿い旦過橋クエスト前より徒歩約3分
モノレール:
平和通り駅より徒歩約5分
アクセスマップ
診療時間
診療時間
9:00--13:30
15:00--19:30 ×
メディア
対談写真
▲国際グラフに掲載されました。
野球評論家の角さんと対談をしています。
詳しい模様はこちら