一般歯科General dentistry

虫歯と歯周病、歯槽膿漏の治療や、永久歯の欠けたり傷んでしまった部分の治療を行います。 当クリニックでの治療数が多い、虫歯と歯周病について詳しくご説明します。

虫歯

虫歯とは?

虫歯は、お口の中にいる虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされてゆく病気です。

虫歯の治療

虫歯菌に感染した部分をしっかりと除去して、範囲が小さければ白い「レジン」という硬いプラスチックのような樹脂を、大きければ金属を充填し、しっかりと噛めるようにします。
虫歯は極めて初期の段階では「再石灰化」という自然治癒に至ることもありますが、ある程度進行すると自然に治ることはありません。
当クリニックでは、できるだけ歯を残すことを一番に考えていますが、それでも虫歯の部分はしっかり除去しないと再発の原因になります

痛くなくても虫歯はある?

虫歯は、歯に痛みが出る典型的なものですが、痛みが出たときには、虫歯がかなり進行している状態で、歯の神経を取らなければいけない場合があります。
しかし残念なことに、痛みが出て虫歯の存在に気づき、歯科医院を受診するパターンが多く見られます。
痛みが無い状態でも、むし歯は存在しているのです。
できれば半年に一度は、歯の定期健診を受けましょう。
早期に発見できれば、痛みもほとんどなく治療でき、歯を削る量も少なくてすみます。

歯と詰め物の関係

歯と詰め物の適合性も重要であるといえます。
隙間や段差のある詰め物が装着されていると、清掃が困難で、その結果虫歯や歯周病を引き起こすことがあります。
当クリニックでは、歯と詰め物の適合性についても、他の治療と合わせて検診を行っております。

歯と詰め物の関係

歯周病

歯周病とは?

歯周病は、歯周病菌(プラーク)の感染による歯茎の炎症で、多くの場合は歯ぐきの腫れ、出血などの症状があり、 徐々に歯を支える骨が溶かされてゆき、歯が動くようになり最後には抜けてしまう病気です。

歯周病の治療

歯周病も初期の状態であれば、歯と歯ぐきの境目に存在する原因菌である歯周病菌(プラーク)、または歯石をしっかり除去し、炎症を起こした歯ぐきを消毒すれば、歯ぐきの状態は改善します。
しかし、歯周病は痛みなどの自覚症状に乏しく、なかなか気づきにくい病気でもあります。

歯ぐきの腫れや、出血などの小さなサインを見逃すと、歯周病はさらに進行し、歯を支える歯槽骨という骨にまで炎症が及び、さらにはこの骨を溶かしその結果歯がグラグラしてきます。
こうなると歯周病の末期症状で、ほとんどの場合抜歯をしなくてはなりません。

今のところは、歯周病の進行を止め、再発しないようにすることが治療なのです。
歯周病の治療では、残念ながら溶けてなくなってしまった骨を再生することは出来ません。
(保険の利かない高価な治療で一部再生することはありますが・・・)

進行中の歯周病には、こんな治療も・・・

歯周病の治療では歯と歯ぐきの境目、特に歯周ポケットといわれる溝の部分のプラークコントロールが重要になってきます。
この歯周ポケットと呼ばれる溝は、歯周病が進行すればするほど深くなり、プラークコントロールが困難になります。
歯周病の進行を止める治療として、この歯周ポケットを外科的に浅くし、プラークコントロールしやすくする方法があります。

当クリニックでは・・・

当クリニックでは歯周ポケットの深さを測定する検査を行い、歯周病の程度を診断し、その状態にあった治療、プラークコントロールを行うようにしています。
また、歯周病は治療ももちろんですが、ご家庭でのメンテナンスが非常に重要です。
そのためにも、ご家庭でのプラークコントロールについてもご指導させていただいております。

TEL / FAX
093-541-1855
〒802-0007
北九州市小倉北区船場町4-27
船場クリスタ3F
(1F パッケージプラザカワノ)
にのみやデンタルクリニックへの地図
JR:
小倉駅より徒歩約10分
バス:
勝山通り沿い魚町より徒歩約3分
小文字通り沿い旦過橋クエスト前より徒歩約3分
モノレール:
平和通り駅より徒歩約5分
アクセスマップ
診療時間
診療時間
9:00--13:30
15:00--19:30 ×
メディア
対談写真
▲国際グラフに掲載されました。
野球評論家の角さんと対談をしています。
詳しい模様はこちら